FXってなに?

FXってなに?

FXとは「Foreign Exchange」(フォーリンエクスチェンジ)の略です。
日本語では 外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)です。
外為(がいため)の略称でも呼ばれています。

そもそも「為替」(かわせ)とは本来は「何かを交換すること」という意味です。
遠方に住む人同士が 商品を売買するのに「現金」を持ち歩いて取引をしていると 
盗難や紛失などのリスクがつきものです。
為替という制度は 現金を持ち歩かなくていい方法として考案されました。

外国為替とは
世界各国には自国で流通する通貨がそれぞれ存在します。
各国の通貨を交換する つまりは日本円とアメリカドルの2つの通貨を交換することなどを
一般に外国為替と呼んでいます。

証拠金取引とは
FX専用口座に預け入れた証拠金を元手に取引をするという意味です。
預け入れた証拠金に倍率(レバレッジ)をかけることで
証拠金の数倍〜数百倍もの金額の取引ができるようになります。


ただし 高すぎるレバレッジはリスクが高く
ベテラン投資家でも高すぎるレバレッジはかけないという人もいます。
なぜならば 利益が出た場合に大きい金額が得られるということは
損失が出た場合にも あっという間に大きな金額になるということだからです。
初心者は2,3倍までなど ベテランになっても5倍までのレバレッジに抑える
という心がけが大事だと思います。
タグ:FX
posted by T at 10:00 | FXの初心者向けの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。