CONTACT US CONTACT US

CONTACT US






posted by T at 18:00 | CONTACT US | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX ロング・ショート

FX ロング・ショート

FXで「買い」をロングと呼んだり「売り」をショートといったりする場合があります。

実はこれは「株式投資」からきている用語です

株取引の場合には、「空売り」した場合には半年以内に買い戻さなくてはいけない
という決まりがあります。

逆に 買ったものを長い間 保有するのはごく普通のことです。

売りの状態を長く続けることができないため「ショート」と呼ばれ
買いの状態は長期間続けることができるため「ロング」と呼ばれます。

FXの場合は、売り・買いポジションの保有できる期間に違いはありません。

FXは難しそうというイメージがあるのは 
このようなカタカナ用語や 独特の言い回しが出てくることも 理由の一つです。

他にも「ナンピン」「塩漬け」などの言葉がでてきます。

外国為替取引(FX)専門用語


このような用語は 無理におぼえなくても良いのですが
取引を重ねていくうちに自然と口にするようになっていきます。

余裕ができたら一つ一つ憶えていくと良いでしょう。
カタカナ用語・専門用語が次々と出てきて戸惑うかもしれませんが
初めのうちは時間がかかっても良いのですから焦らずに取り組んでください。
posted by T at 11:00 | 外国為替取引(FX)専門用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXと株の違いについて

FXと株の違いについて

FXが日本に導入された頃は「FXは投資初心者向けではない」と言われてきました。
既に株式などの投資経験のある人が参入するケースが多く
素人がいきなり飛び込んでも ベテランの投資家に太刀打ちできないというのも
一つの理由でした。

しかし 株などの投資経験がある人には FXのメリットが大きいものと感じられ
株取引からFX 取引へ変わるという人もたくさんでてきています。

FXと株の違いについて

FXにあって、株にないメリットとしては

24時間 いつでも取引できる
少額の資金で取引できる

などの理由を挙げる人が多かったです。

24時間 いつでも取引できる

株の取り引きには証券取引所が開いている平日の 午前9時から午前11時で前場となり
12時30分から3時が後場というふうに時間に制限が設けられています。

この時間制限があるため 株の場合ではリズム感が生じます。

これに対してFXは 土・日曜日休み以外は24時間 いつでも取引できます。

専業トレーダーにとっては
24時間取引が出来るFXは株よりも儲かるチャンスが多くなるといえます。
そのため 専業のトレーダーには FXが人気となっています。

少額の資金で取引できる

株取引の場合、株の売買に大きな資金が必要となります。

これに対して FX取引は1万円からはじめられるという点が 大きな魅力です。

FXの最大の特長は 担保となる手元の資金(取引保証金)に「レバレッジ」をかけて
何倍もの金額の外貨を取引できることです。

レバレッジについては株式の信用では基本的に3倍となります。
FXではこれを大きく上回り10倍 50倍 100倍といったように
非常に大きな倍率にすることが可能です。

ただし無理な掛け率は大きな損失にもなりかねませんので 
無理をせずに落ち着いた取引を行うことが
FXにおいては非常に重要であるといえるでしょう。
レバレッジの使い方には注意しましょう。

また株の場合には株券を発行している会社が倒産するということが考えられますが
FX取引の場合は倒産というものがありません。

ただし 株取引にもメリットはあります。
FXに比べて 値動きの予想がしやすいことも多く
損失を出しても巨額にのぼることが少ないといった点は株式投資のメリットです。
タグ: FX
posted by T at 14:00 | FXの初心者向けの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。