FX会社 手数料

FX会社 手数料

FX会社は 利用者から手数料を取ることで利益を生み出しています。

FX取引でかかる手数料には

売る時と買う時にかかる売買手数料(取引手数料)
売値と買値の差である(スプレッド)の2つがあります。

(売買手数料)と(スプレッド)

スプレッドとは外国為替取引の特有のもので 売値と買値に差を設けることで
その差額がFX取引会社の実質的な外貨売買手数料となっています。
スプレッド幅が狭い(スプレッドの値が小さい)方が有利となります。

これら2種類の手数料が安い方が トレードに有利であることは明らかです。

そのうち(売買手数料)は店頭FXでは今や無料の会社が主流となっています。
(FX取引所では今も(売買手数料)は通常有料です)

FX会社によっては売買手数料無料と売買手数料有料のコースを分けているところもあり 
売買手数料無料のコースには何らかの制約がある場合もあります。

トレードをバリバリする人にとって 売買手数料無料はうれしいところです。

FX 取引で

・利用者がポジションをとったとき
・利用者がポジションを決済したとき
・利用者がFX 口座に入金するとき
・利用者がFX 口座から出金するとき
・利用者がFX 口座を維持していくとき

などに 手数料が掛かります。

手数料の金額はFX 会社によって異なります。

無料のところもありますが 手数料が有料だから あるいは高額だからといって 
悪質ということはありません。
手数料をとることで FX 取引を円滑に行い サポート体制を整えている会社もあります。

逆に、手数料が無料の場合、スプレッドを大きくしているFX会社もあります。

デイトレードやスキャルピングをしたい場合には ポジションを取るたびに手数料を払う 
という仕組みの会社を選ぶと 得られる利益に対してコストがかかりますぎます。
こういう場合には 手数料の安い あるいは無料の会社がよいでしょう。

多額の投資金でFX取引を行う場合 あるいは中・長期的に通貨を保有する取引を行う場合には 
手数料を支払ってでも、安全・安定度の高い FX会社を選ぶことにすると良いでしょう。

posted by T at 09:03 | FXの初心者向けの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。