FX初心者 レバレッジ

FX初心者 レバレッジ

FXの最大の特長は 担保となる手元の資金(取引保証金)に
(レバレッジ)をかけて 何倍もの金額の外貨を取引できることです。

レバレッジの特長は 少ない資金でもレバレッジをかけることで大きな額の取引を行えることです。

FXは少額の投資資金でもレバレッジをきかせれば 大きな金額の取引ができるという仕組みがあります。
しかし仕組みがありますが それを使わなければいけないということはありません。

初心者のときは 資金力がない場合 損失への備えもできないというところに注意してください。

レバレッジを高くすると 損失を出した場合にそれを補填する力がなければ 
FX取引を続けられなくなってしまいます。

レバレッジ規制が行われるようになり 400倍などのレバレッジを使える業者はなくなっていくと思いますが 
慣れるまでは 5倍を超えるレバレッジには 手を出さないほうが賢明です。

レバレッジは1 倍にすることが 一番リスクを抑えることができます。

しかしそれですと FX取引の醍醐味を味わえない というのも事実です。

リスクに耐えられるようにするには およそ3 倍程度のレバレッジまでにするとよいとされています。

証拠金が50 万円あれば (ドル/円)(円/ドル)のペアで 1 万通貨の取引が出来ます。
レバレッジを3倍にしておくと 相場変動20%ぐらいまでは耐えられますので
マージンコール ロスカットの心配が少なく安心です。

為替の変動が激しい通貨の場合には 20%以上になる場合にはレバレッジを2 倍にするくらいが 
ちょうど良いと思います。
タグ:Fx初心者
posted by T at 14:35 | FXの初心者向けの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。