ナンピンとは?

ナンピンとは?

難平(ナンピン)とは ポジションを持っていて相場が下がってしまった場合に
同じ量のポジションを安値で買うという手法です。
逆に売りから入った場合は上昇した場合にさらに売り増しすることを言います。
このことで、ポジションの平均購入価格を下げることができます。

平均購入価格を下げるというのは 1ドル100.00のときに1枚買った後
1円レートが下がって99.00になったときにもう一枚買いを入れると
2枚のポジションの平均レートが99.50になるということ。

最初にポジションを買った価格まで戻らなくても 利益がでることになりますが 
相場のレートが更に下がった場合には、損失も大きくなります。

お得なのは確かながら 証拠金には限りがあるため
無茶なナンピンをしていると余力がなくなり
ポジション総強制ロスカットという最悪のシナリオを招くことになりかねません。

下手なナンピンはすかんぴん という言葉もあります。

ナンピン買いは 相場の読みに長けていてトレンドの転換を
ある程度予測できるベテランでも難しい買い方ですので 
FX初心者は避けた方が良さそうです。
タグ:ナンピン
posted by T at 11:34 | 外国為替取引(FX)専門用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。