スキャルピングとは?

スキャルピングとは?

スキャルピング(スキャル)とは数秒 長くても数分間で売買を繰り返す
デイトレードよりも短い取引です。

わずかな利幅狙って短い時間で売買を繰り返すことをいいます。
FXではレバレッジをきかせることで 少額の資金でも大きな利益を生み出すことができます。
効率よく取引ができるので現代人に合ったトレードです。
そしてコツさえ掴めばスキャルピングは意外と難しくありません。

スカルプとはもともと敵の頭の皮をはぐという意味です。
頭皮をケアするのに 古い角質を取り除いて 新しい角質の生産を促します。 
薄い角質が 何度も剥がれ落ちていくというプロセスに重ねた感じでしょうか。
わずか数銭〜数十銭の利益を1 日に何度もとっていくトレード法が(スキャルピング)です。

スキャルピングは 狙う利益幅が非常に狭いので スプレッドがあるということに 
注意しなければなりません。
スプレッドが5銭あって 10 銭の利益をあげようとした場合 
実際には15 銭のレート変動がないと10 銭の利益にはならないのです。

スキャルピングは数秒〜数分で取引が行われるため必然的に取引回数が増えます。

取引回数が多いので 取引コストのかからない業者がいいでしょう。

また低スプレッドの業者でないと利益が得られなくなります。
posted by T at 18:47 | FXの初心者向けの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。