強制ロスカットとは

強制ロスカットとは

強制ロスカットとは トレーダーの証拠金維持率がある数値より下回った場合に
利用者に通知せずに 取引業者によって強制的に
保有ポジションの決済が行われるという措置のことです。

レバレッジが大きすぎると 損失がでた場合に トレーダーが被る被害が大きくなります。

ロスカットされてしまう人の多くは レバレッジを大きく設定しすぎているという傾向があります。

たとえば週末など トレーダーが注意を払っていない時期に なんらかの事件があり 
相場が急変した場合には 強制ロスカットが行われて証拠金がなくなるだけではなく 
借金を作ってしまうというケースまであり 大変な事態となりえます。

証拠金に余裕を持たせる(実質レバレッジを下げる)ことで 強制ロスカットはされにくくなります。

FXデモトレードで強制ロスカットを体験しておきましょう。

証拠金以上の取引が可能な FX取引は 冷静にレバレッジをコントロールすることが 大切になります。

実際にFXデモトレードを行ってみると 小さなレバレッジでは(儲け)も少ないことや 
大きなレバレッジでは 強制ロスカットが行われることが わかってきます。
実際に100倍というレバレッジで取引できる外為業者が存在しますので 
現実の取引を行う前に デモ取引を体験してみましょう。

FXの口座に預けている証拠金から 含み損を引いた金額が 一定の割合以下となった場合 
FX業者によってはマージンコールという仕組みを適用する場合があります。

マージンコールとは 追加保証金のことです。

もう少し証拠金を追加したり ポジションの一部を決済して 
損失に耐えられるようにと注意してくれるルールのことです。
posted by T at 20:14 | 外国為替取引(FX)専門用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。