注文を出すタイミング

注文を出すタイミング

FXの基本は 安く買って 高く売る ことです。

また 高く売って 安く買い戻す ことで為替の差益が得られます。

FXでは、(安く買う)(高く売る)の重要な要素となるのは

注文を出すタイミング です。

理想的なのは 相場の底で買って 相場の天井で売る。

あるいは 相場の天井で売って 相場の底で買い戻すのが理想です。

ですが これはあくまでも理想でしかありません。


なので 相場が上り調子のときに買って 天井かと思えるときに売る。

逆に 売って買うパターンは
相場が下り調子のときには売って 相場の底かな と思ったら買い戻す。

という手法がオーソドックスな取引方法です。

これらは非常に単純な理屈で初心者にもわかりやすいのですが 
それだけに 相場を予想してトレンドに乗ること 
これが非常に難しく プロの投資家にとっても 最大に重要なポイントであるといえるでしょう。

トレンドにのって取引するためのチャート分析で 最もオーソドックスで 

重要視されている(ローソク足チャート)についても知っておきましょう。

タグ:FX
posted by T at 12:00 | FXの初心者向けの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。